車庫証明(保管場所証明)または届出が必要な場合

車庫証明(保管場所証明)または届出が必要な場合 

普通自動車の車庫証明

適用地域内に使用の本拠の位置(個人の場合:住所地、会社の場合:所在地等)がある自動車の保有者が次に該当する場合。

◇新車を購入したとき。
◇中古車を購入又は譲り受けるなど保有者の変更があったとき。
◇自動車の使用の本拠の位置を変更したとき。

 

軽自動車の保管場所届出

適用地域内に使用の本拠の位置(個人の場合の住所地、会社の場合の所在地等)がある軽自動車の保有者が、次の態様に該当する場合です。
◇新車を購入したとき。
◇使用の本拠の位置を適用地域外から適用地域内に変更し、かつ、保管場所の位置を変更したとき。
◇中古車を購入又は、譲り受けるなど保有者の変更があったとき。
◇届出に係る保管場所の位置を変更したとき。
◇運送事業用自動車を引き続き自家用自動車として使用するとき。
  

必要とする地域

必要とする地域

自家用自動車の保管場所証明(車庫証明)

豊田市の旧小原村・旧下山村、新城市の旧作手村、設楽町の旧津具村及び豊根村を除く愛知県内の全域。  

軽自動車の保管場所届出

名古屋市、瀬戸市、春日井市、小牧市、一宮市(旧木曽川町、旧尾西市を除く)、半田市、刈谷市、安城市、岡崎市(旧額田町を除く)、豊田市(旧藤岡町、旧小原村、旧旭町、旧稲武町、旧足助町、旧下山村を除く)、豊川市(旧一宮町、旧音羽町、旧御津町、旧小坂井町を除く)、豊橋市の区域。 

 

自動車保管場所の要件

 自動車保管場所の要件

チェック(赤)道路以外の場所であること。
チェック(赤)自宅から車庫までの直線距離が2km以内であること。
チェック(赤)自動車全体を収容できる大きさであること。
チェック(赤)隣接する道路からの出入りが支障なくできること。
チェック(赤)自動車の保有者が、保管場所として使用する権原があること。  

申請の流れ

☆普通自動車、愛知県の場合

step1必要書類を持って、管轄の警察署に行きます。(受付時間に注意して下さい)
           (必要な書類はこちら
             
step2警察署で車庫証明申請用、保管場所標章用の証紙を購入します。
           (2,700円(愛知県の場合))
             ▽
step3車庫証明の窓口に書類を提出し、確認してもらいます。
             ▽
step4問題なければ、自動車保管場所証明申請書に購入した証紙(2,200円分)を貼ります。
           (貼る場所は窓口で確認してください。)
             ▽
step5車庫証明の窓口に書類を提出。その時に交付予定日が記入してある引換券をもらいます。
           (提出から受取まで中2日   例:月曜提出の場合、木曜日に交付)
             ▽
step6交付日に警察署に受取に行きます。
            持参するもの
           ●
引換券
           ●証紙500円

*警察署によって異なる場合もございます。  


0566-91-6272
メールはこちら 

▲このページのトップに戻る